がんばれ、京アニ!

京アニ炎上

先日昼頃、息子からの「京アニ炎上ヤバ過ぎる」との短いメッセージが入って来たのが、この惨事に気が付いたきっかけでした。
すぐにネットで検索すると、煙が上がったニュース画像が見つかり、見ているうちに刻一刻と事態が進行していきました。
多くの方が亡くなったこの事件を見ていて、私はこの絶望感、虚無感、怒りに既視感を覚えていました。
そう、あの東日本大震災で多くの命を奪った津波の映像を見ている時のような。

アニメ原体験

私が最初に見た京アニ作品は、「けいおん」でした。
私達の世代は、小さい頃に「マジンガーZ」や「ガッチャマン」「アルプスの少女ハイジ」「母を訪ねて三千里」なんかを見ていた世代で、アニメに対しては全然抵抗感はなく、その後も記憶が確かなら、「宇宙戦艦ヤマト」は中学1年の時に映画館で見た覚えがありますし、ファースト「ガンダム」は中3の高校受験のさなか、夕方5時ごろからのテレビ放送を見ていました。(再放送かも?)

その後もいろいろなアニメを見ていましたが、いつしか興味はレンタルビデオで借りてくるハリウッド映画に移っていったように思います。
スタジオジブリの作品や「攻殻機動隊」など一部の作品は見ていましたけれど。

響け!ユーフォニアム

そんな私をアニメに再度引き合わせたのは、冒頭の息子の存在です。
息子が高校に入った位の頃から、ニコ生でのアニメや声優イベントを撮っておいてと依頼される事が多くなり、一緒に見たりするうちに、いつしかまたアニメを見出す事になりました。

そんな中で出会った「けいおん」、「日常」、「氷菓」、「響け!ユーフォニアム」などなどの京アニ作品は、とても素晴らしいものばかりで、見終わった後には、心にぽっかり穴があいたように感じ、あのキャラクターとはもう会えなくなるのかと、寂しくさせるような、そんな力のある作品ばかりです。

中でも一番好きな作品は「響け!ユーフォニアム」です。

このアニメは、高校の吹奏楽部を舞台にしたアニメで、以前このサイトでも紹介した、京都橘高校吹奏楽部をモデルにした高校も登場します。

K-ON!!コースター

息子は現在、大阪で就職していますが、それまでは京都の大学に通っていて、私が遊びに行ったおりに二人で京アニ本社と、ショップを見に行った事があります。
その時に買った「けいおん」のコースターがまだ家に置いてあります。

 

K-ONコースター

 

私達は待っています。

最後に、亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。
怪我をされた方々には早い回復をお祈りします。
そして京アニ関係者の皆様には、今は打ちひしがれる心中をお察ししますが、言わずにはおれません。
がんばれ京アニ!
あなた方の作品が、再び私達の日常に戻ってくる事を待っています。

マンガ・アニメラボ・カテゴリの最新記事